ものづくり・商業・サービス補助金とは?

 

新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備への投資に対し、補助上限1,000万円・補助率原則2分の1で補助金が交付される「ものづくり・商業・サービス補助金」という事業がありますが、現在こちらの補助金について、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるための前向きの投資を行う事業者には、補助率が3分の2または4分の3(4分の3は特別枠)に引き上げられています。

 

更に、業種ごとのガイドラインに基づき感染拡大予防の取り組みを行う場合には、定額の補助や、別枠で上限50万円が上乗せされるという仕組みになっています。

 

この補助金を応募するにあたっては、3つの要件(付加価値額、給与支給総額、事業場内最低賃金)を満たした3~5年の事業計画を策定・実施する必要がありますが、生産性向上・経営革新を考えて前向きな投資をお考えの事業者の皆様は、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは↓こちら

 

ものづくり補助金総合サイト 公募要領 → http://portal.monodukuri-hojo.jp/about.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA