家賃支援給付金の事業開始は7月以降になりそうです。【家賃支援給付金関連Vol.2】

↑経産省令和2年度第2次補正予算案の事業概要より

 

この度の二次補正予算の成立に伴い新たに創設される新型コロナ関連事業者支援策の家賃支援給付金について、その申請の受付開始は来月7月からになる見込みのようです。

 

家賃支援給付金とは、新型コロナウイルスの影響で、ことし5月から12月の間に、去年の売り上げと比較しひと月で50%以上減少したか、連続する3ヵ月で30%以上減少した事業者(テナント事業者)を対象に、賃料の一部の半年分、法人最大600万円、個人最大300万円が支給されるものです。

 

事業者の事業の実態や賃貸契約の内容について、不正受給を防ぐためにも持続化給付金以上に詳細な確認が必要となることが予想されるので、申請から給付金の受給がなされるまでは持続化給付金以上の期間がかかることになるでしょう。

 

経産省にはできる限り早く準備を進めることを望みます。

 

 

関連記事

 

家賃支援給付金の申請要領が本日公開されています。【家賃支援給付金関連Vol.3】

 

 

家賃支援給付金の事業開始は7月以降になりそうです。【家賃支援給付金関連Vol.2】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA