昨年6月1日施行の改正食品衛生法で・・・【HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理って?】

 

顧問先の法人が新たに食品衛生法に基づく「菓子製造業」の営業許可を取得したいということで、今日は事前の相談のため博多区の保健福祉センターに足を運びました。

 

昨年6月1日に施行された改正食品衛生法により、店舗で製造した菓子等を店舗内で販売する場合には「飲食店営業」の許可の範囲でできるようになっていますが、店舗で製造したものを別の場所(催事出店など)へ持って行く場合や、卸売りをする場合などには、変わらず「菓子製造業」の許可が必要となります。

 

あわせて、原則全ての食品等事業者(製造・加工・調理・販売等)にHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理が求められるようになり、昨年6月1日以降に新たに営業許可申請を行う食品等事業者は、申請の際の添付書類というわけではないですが、営業許可申請にあわせてHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理計画を作成することが必要となりました。(申請の際に保健所に提出することはない、とは言っても、保健所の立ち入り調査の際には有無の確認が行われるでしょう。もし作成していなかった場合は、行政指導の対象となり、最悪許可の取り消しにもつながりかねません。)

 

窓口で相談に応じていただいた衛生課食品係の職員さんからとても丁寧に説明を受け、菓子製造業に関するHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理計画作成の手引きをいただいてきました。

 

関連法規等の実務書と合わせてしっかりと読み込んでいこうと思います。

 

厚生労働省ホームページ 食品衛生法の改正について → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000197196.html

 

同省ホームページ 重要なお知らせ HACCPに沿った衛生管理の制度化 → https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/index.html 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA