TBS系「報道特集」が、また”不備ループ”の問題を取り上げるようです。今回は”長期間放置”についても・・・【月次支援金関連Vol.35】

長期間の放置はさすがに納得のいく説明が欲しい・・・

 

最近月次支援金の”不備ループ”解消のサポートについてのご相談をお受けしたお客様から、「今日放送の報道特集でまた”不備ループ”についての特集があるようだ」ということを教えていただきました。

 

今回は”不備ループ”にあわせて、長期間「申請内容確認中」のままの放置(その後”不備ループ”開始)についても触れられているようです。私がお受けしたご相談でも、4ヵ月放置の後の”不備ループ”開始があるし、私が申請代行のご依頼をお受けしている方の分は3ヵ月放置の後不備が発出されています。どちらの方も、一時支援金や月次支援金で既に給付の決定は出されているのに、です。

 

一時支援金や月次支援金は行政手続法や行政不服審査法の適用対象とならない「申請者と中小企業庁長官とのあいだの贈与契約」であるということも、この問題を更に深くしているように思います。なぜ「特別定額給付金」のような仕組みにできないのか。なぜトリアージのようなことをやっているのか。

 

月次支援金の”不備ループ”でお困りの申請者の方でお時間のある方、今日夕方5時30分からの「報道特集」をチェックされてみてください。

 

12月19日追記

上記12月11日放送分がYouTubeにアップされていました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA