加布里公園の入り口にある、ステキな手作りの雑貨屋さんです!【猫と布とアクセサリーの店 のび工房 の紹介】

今日は先月の下旬に月次支援金の事前確認のご依頼をいただいていた、糸島市加布里の加布里公園の入り口にある「のび工房」というお店に行きました。

 

前から気になっていたんです。

 

国道202号線を深江に向かう途中、加布里公園の入り口にお店はあります。現在外壁工事中で外観は映せなかったのですが、お店に入ると既にクリエイティブな雰囲気を漂わせたお客様が。

 

 

朝隈俊男さんと、右側手前がのび工房の増本さん。

 

なんとこの方、最近神奈川から加布里に移られた、動物造形作家の朝隈俊男さんという方でした。あの大人気少年アニメ「ワンピース」ともコラボされて、可愛らしい動物たちのガチャガチャも街で見かけることができます。名刺を持って行ってなかったのが残念でした・・・

 

増本さんから朝隈さんへ私のことを紹介してもらい、自己紹介を兼ねた話をした後、今回の目的の招き猫を探しました。

 

店内入口。

雰囲気の良い店内に薪ストーブが温かかったです。

 

創業は28年前で、当初は手織綿の雑貨屋さんとしてスタートされ、あるきっかけで当時の看板猫”まる”と出会い、8年前に京都の哲学の道から猫たちと一緒に糸島に移られて、七宝焼きのアクセサリーや革製品、布製品、ポストカード等、猫の作品をずっと作り続けてこられています。

 

招き猫は、左手を上げたものが人脈を招き、右手を上げたものがお金を招くと言われているようで、欲張りな私は両手招き猫を探し、可愛らしいサイズの黒猫の両手招き猫を購入しました。両手が同じ高さだと”バンザイ”をしていてあまり良くないらしく、右手(お金)が少し控えめなところも気に入りました。帰って早速ユキマサくんの隣に置きました。

 

手作りのあたたかさが伝わってきます。

のび工房は、加布里公園の入り口で週末金土日祝に営業しています。百貨店やイベントなどへの出店もされています。猫好きで気になったという方、どうぞ足を運ばれてください!

 

 

猫と布とアクセサリーの店「のび工房」ホームページ → https://www.nobi-kobo.com/user_data/shop_info.php

 

CLAY ANIMALS 朝隈俊男さんホームページ → https://clayanimals.net/

(近くのスーパーに朝隈さんの動物のガチャガチャがあるようなので、近々探しに行こうと思います)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA