本日も”不備ループ”についてのご相談をお受けしました。ここ最近また増えてきました・・・【月次支援金関連Vol.27】

 

 

本日も、月次支援金の”不備ループ”に関するご相談をお受けしました。ネット上では、SNS等で衆院選が終わったタイミングで急に厳しくなりだしたというような話が一部出ているようです。一時支援金と比べると、長期間「申請内容確認中」の状態から変化がなく、突然保存書類の提出を求められる不備が発出されてしまうというケースや、既に「お振込み手続き完了」となった申請分があるにもかかわらずそれ以降の申請分で不備が発出されてしまうというケース(給付決定となった申請分ではノータッチの事項についての不備)が多いようです。

 

そういえば、今月1日に開催された財務省の財政制度等審議会(財務大臣の諮問機関)の歳出改革部会という会議の中で、中小企業庁の「事業再構築補助金」についての抜本的な見直しが必要で、対応について財務省と経済産業省が協議を進めていくことになった、ということがニュースになっていました。

 

この会議で配付された資料の中には、一時支援金・月次支援金についての記載もあります。私のややひねくれた見方ですが、もしかしたら、この会議の中で月次支援金の審査の対応についても見直しが必要だという話になったのかもしれません・・・

 

時事通信社 11月1日 【「事業再構築補助金」見直しへ 中小企業の依存懸念 財務省】(ヤフーニュース) → https://news.yahoo.co.jp/articles/0c8476dd60d3fea144ae69a07cb6d931eb54b784

 

財務省ホームぺージ 財政制度等審議会 歳出改革部会(令和3年11月1日開催)資料一覧 → https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings_sk/material/20211101zaiseisk.html

資料2 中小企業、エネルギー・環境(グリーン) → PDFファイル

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA