とある行政書士の1日。久しぶりに福岡法務局へ・・・【登記されていないことの証明書の取得はどこで?】

こちらは裏口です。

建設業許可更新申請の添付書類の1つである「登記されていないことの証明書」の取得のために、久しぶりに福岡法務局へ行きました。

 

登記されていないことの証明書(通称「ないこと証明」)とは、申請者が成年被後見人・被保佐人・被補助人として登録されていないことを証明するための書面で、成年被後見人等ではないことが許可の要件とされている建設業や宅建業などの申請の際の申請書の添付書類となっています。以前は古物商許可の申請でも添付書類となっていましたが、最近の法改正で不要になりました。

 

申請窓口は東京法務局の後見登録課と全国の法務局・地方法務局(支局や出張所は不可)の戸籍課です。福岡の場合は福岡法務局の1階の奥の方(供託課の更に奥)にあります。

 

戸籍課の入口。

 

ちょうどお昼の時間で、法務局の入口のところでお弁当販売をしていて、ないこと証明を取得して帰りに買おう、と思っていたら、帰りにはすっかりいなくなっていました。少し遅かったようです。

 

  戸籍課前から見た風景。右手前が供託課で、左奥が    収入印紙の販売窓口につながっています。

 

無事にないこと証明を取得して、法務局を出てお昼どうしようかととぼとぼ駐車場の車に戻っている途中、「昼から鉄板肉」と大きく掲げた美味しそうなお店を見つけました。たまにはお昼にガッツリ肉を食べるのも悪くないな、と思い、呑みくい処コウタというお店で糸島ポークのステーキランチをいただきました。サラダとライスがおかわり1回OKで、お肉は柔らかく、ジューシーでボリュームがあって美味しかったです。

 

昼からガッツリ鉄板肉も良し!税込850円。

 

昼食後は速やかに糸島に戻り、糸島市役所でもう一つの添付書類「市町村の長の発行する身分証明書」を取得しました。途中糸島市内の個人事業主の方から飛び込みで月次支援金の事前確認をお願いしたいとお電話があり、夕方来所いただき対面形式にて事前確認を行いました。

 

あっという間の1日でした・・・。土曜日曜で建設業許可更新の書類を組み上げようと思います!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA