一時支援金の”不備ループ”についてテレビで特集が組まれていました。【一時支援金関連Vol.39】

本日放送の報道特集より

 

3月8日に制度が開始となり、約2週間の期限延長の後6月15日に受付終了となった、一時支援金の申請者の一部に発生している「不備ループ」について、TBS系の報道特集というテレビ番組が今日の放送で特集を組んでいました。

 

3月中に申請したものの不備ループに陥り3か月以上事務局とのやり取り(不備修正→再申請→別の不備→不備修正→再申請→別の不備・・・)を続けている方もいるようです。

 

「審査担当者」へのインタビューの中で、「控除を受けているかどうかで申請者を大きくふるいにかけている」といった話がありました。また書類の審査はアルバイトが行っていて、審査を行っている部署に直接問い合わせる窓口が無い、というのは、困っている事業者への迅速な給付を阻害しているポイントになっているのではないかと感じました。

 

現在”不備ループ”に陥ってしまっている申請者に対して、分かり易い、統一的な、何らかの対応がなされることを強く望みます。

 

7月6日追記

7月11日(日曜)の14:00までTVer(ティーバー)で見逃し配信を観ることができます!下記のリンクからどうぞ!

 

報道特集 経産官僚給付金詐欺と”不備ループ”問題 TBS 7月3日(土)放送分

https://tver.jp/corner/f0078024

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA