福岡県感染拡大防止協力金を申請しました。(時短要請対象施設の協力金申請)

 

今回の協力金申請は、オンライン申請又は郵送申請が可能となっています。

 

オンライン申請は、申請フォームに添付できる書類の数・種類・ファイル形式が下記のように限られていて、これらの制限を超えてしまうと紙の申請書を作って郵送にて申請しないといけません。

 

添付可能な書類の数:全部で10点(必須書類6点と追加書類のフリー欄4点(但しフリー欄に添付できる書類は5種類に限られている))

添付可能なファイル形式:Jpg、Jpeg、png(PDFはダメ)

添付ファイル容量:合計で30MB以内

 

オンライン申請をやってみたのですが、なんというか仕組みにやりにくさを感じました。できるだけ審査を迅速に行い、協力金の給付までの時間を短くするために各制限を設けたのでしょうが、例えば昨年の家賃支援給付金の申請の際に、確定申告書第一表の控えに税務署の収受印がない場合は納税証明書を追加で添付すると良かったのですが、今回の協力金申請はこういった措置はありません。

 

上記のケースの場合は、確定申告書第一表の代わりに「直近3カ月の売上帳の写し」を添付することになり、オンライン申請の追加書類のフリー欄には直近3カ月の売上帳の写しを添付できる欄は設けられていないため、必然的に紙ベースの申請となります。

 

協力金は、申請内容に不備等が無い限り申請から約1週間で振り込まれる予定です。

 

福岡県感染拡大防止協力金の申請でお困りの時短要請対象施設の事業者の皆さま、当事務所へお気兼ねなくお問い合わせください。

 

福岡県庁ホームページ 【第1期】福岡県感染拡大防止協力金について(2月12日13時00分更新) このページにオンライン申請の申請フォームへのリンクがあります。 →  https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuoka-kansenkakudaiboushi-kyouryokukin.html#5-shinseihouhou

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA