2021年版行政書士手帳。

左が2020年版。右が2021年版。右のクリーム色の冊子が便利なんです。

 

昨日は来週の臨時総会の準備のため、1日総務の仕事をしていました。1日終わって帰ろうと会館を出ようとしたら事務局の方に呼び止められて、来年の行政書士手帳を注文していたのが届いていたので受け取ってきました。

 

私は日々のスケジュール管理はパソコンにスケジュール管理のアプリをダウンロードして使っているのと併せて、手帳も使用しています。この手帳、シンプルでさっぱりした装丁と内容で、はっきりいって特に使いやすいというわけではありません。が、付録として付いている行政書士関係法規集と他士業の業法が抄録されている冊子が結構便利なんです。

 

司法書士や社労士、税理士などと協力して仕事をするときに、自分がどの範囲までできるのかサッと確認することができます。

 

来年版の冊子の行政書士法は、現時点でまだ未施行ではありますが改正後の目的規定が記載されていました(他の改正部分も)。

 

「国民の権利利益の実現に資する」とはどういう事なのか。追求していこうと思います。。。

 

 

 

2021年版行政書士手帳。” に対して2件のコメントがあります。

  1. もーちん より:

    手帳カッコいいです(≧∇≦)b。

    1. gs-mutsulaw より:

      もーちん様
      コメントありがとうございます!
      日本全国5万人近く行政書士がいますが、ホームページでブログを書くような世代でかつこの手帳を使っているのはきっと私くらいなのではと思っています。
      手帳に付いているマークは行政書士バッジと同じもので、コスモスの花びらの中に篆書(てんしょ)体で「行」と書いてあります。
      士業バッジの中でも、デザイン的にカッコいい方だよなーと思っています。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA