また申請フォームの入力事項が変わっています・・・【家賃支援給付金関連Vol.20】

9月12日のブログにて、原契約書上に記載された契約期間が2020年3月31日と申請日を含むかどうかについて、申請フォームに確認事項として組み込まれていると書いていました。

 

↓9月12日ブログ

様式5-3賃貸借契約等証明書にて証明することについて、申請フォームの確認事項に追加されているようです。【家賃支援給付金関連Vol.14】

 

昨日別のお客様の申請をしていたら、この確認事項のところが設問形式に変更されていました。

 

家賃支援給付金申請フォームより

 

全部で3つの設問に答えると、申請の際に添付書類として何を用意するべきかがわかるようになっていますが、、はっきり言って私は前の方が良かったと思います。

 

昨日の読売新聞紙面朝刊の1面に、家賃支援給付金の事務処理が遅れていることを受け、政府が全国の自治体に対して中小企業につなぎ融資による支援をするよう要請したという記事がありました。同記事では、10月9日現在約57万5,000件の申請に対し、29万2,000件の給付があった(給付額は約2,500億円)と書いています。

 

新型コロナウイルスの影響を受け困っている全国の中小企業の皆さまへ家賃支援給付金が行き渡るにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA