iPhoneユーザーが撮影した複数の画像を1つのPDFファイルにするには・・・??【家賃支援給付金関連Vol.19】

 

家賃支援給付金の申請で賃貸借契約書をアップロードする場合、契約書が複数ページの場合は全ページを1つのPDFファイルに(10MB以下で)まとめるという作業が必要になります。

 

androidのスマホをお持ちの方は、グーグルドライブのアプリをダウンロードして、このグーグルドライブのスキャン機能を使い撮影した複数の画像を1つのPDFファイルにまとめることができるのですが、iPhoneの場合はなぜかグーグルドライブのスキャン機能は使えないようです(なぜ使えないのかは、わかりません・・・私の専門外です)。

 

ちょっと検索すれば、撮影した画像からPDFファイルを作成する無料のアプリなんていくらでも出てきそうですが、どれを使えばいいかわからない、無料のアプリは不要な広告が煩わしい、という方は多いと思います。今回はiPhoneユーザーの方でご自身で申請をしようとしている方におすすめのアプリをご紹介します。

 

私がおすすめするのは「Microsoft Office Lens」です。出どころがマイクロソフトだから文句なし。もちろん無料です。不要な広告もありません。アプリを起動させ、スマホのカメラを使って撮影し、保存先を「PDF」にすることで、撮影した画像を簡単にPDFファイルにできます。

 

このステップで止まってしまっていたという方、Microsoft Office Lensで次のステップに進めますよ。

 

参考

 

App Store 「Microsoft Office Lens」 → https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-office-lens-pdf-scan/id975925059

 

 

関連記事

8月15日ブログ

複数ページにわたる賃貸借契約書をアップロードする際に・・・【家賃支援給付金関連Vol.6】

 

 

 

 

iPhoneユーザーが撮影した複数の画像を1つのPDFファイルにするには・・・??【家賃支援給付金関連Vol.19】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA