西日本新聞の本日付朝刊1面で家賃支援給付金のことが触れてあります。「給付決定額はいまだにわずか6%・・・」【家賃支援給付金関連Vol.17】

 

8月21日のブログで、家賃支援給付金の支給状況について少し触れていました。

 

↓8月21日ブログ

家賃支援給付金、支給は1割以下・・・。【家賃支援給付金関連Vol.7】

 

それから半月以上たって、今月15日時点での状況は、全国での申請件数が約48万件でこのうち給付決定がなされたのが約13万6千件。西日本新聞の取材に対して中小企業庁の総務課は「書類の添付漏れ等が多くある」と回答しているようです。

 

よろず支援拠点アドバイザーの業務で各相談窓口にて相談を受けていても、賃貸借契約関係を証明するための書類の準備が大変な事例が本当に多いです。持続化給付金は自分でできたけどこれは書類集めるのめんどくさいし、不動産屋とやり取りしたくないから申請しないといった声もありました。

 

9月15日時点での給付決定額は、予算総額の6%弱(約1,150億円)と、持続化給付金に比べるととてもスムーズに進んでいるとは言えません。

 

行政書士として、お困りの事業者の皆さまのために、申請の期限いっぱい全力で動いていこうと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA