サッカー観戦が好きなんです。

 

私が小学3年生の頃にJリーグが開幕し、最初に行われたヴェルディ川﨑と横浜マリノスの試合をリアルタイムにテレビ観戦してサッカーの魅力に惹き込まれ、4年生の時に地域のサッカークラブに入部したものの自分はプレイするより観戦する方が好きだと気付いて1週間で辞め、以降今までずっと熱烈というほどではないですが国内・海外のサッカーをよくチェックしています。

 

特に熱を持って観ていたのは90年代後半から2010年ごろまででしょうか。ドーハの悲劇、ジョホールバルの歓喜を経て98年のフランスワールドカップに日本が初出場したときには、新聞に載っていた出場国のチームの選手名簿を眺めつつ、コカコーラの自販機でジュースを買ったらたまに当たりとして缶の底に付いてくるラバーキーホルダーを集めながら、アルゼンチン戦、クロアチア戦、ジャマイカ戦を興奮しつつ観ていたことがすぐに思い出されます。

 

語るとキリがないです。ただ、プレイしていたわけではないし、そこまで知識があるわけではないので、選手の動きとか、チームの戦略・戦術などについてサッカー解説者のように深く語ることはできません。例えるとスポーツバーでお酒を片手にワイワイ楽しくというような雰囲気が好きなんだと思います。ですが決してにわかではありません。

 

私が観始めていた頃に比べると、日本人の選手が多く海外のトップレベルのクラブチームに行って活躍する時代になりました。近い将来コロナが落ち着いて何の心配もなく海外に行くことができるようになったら、リーガエスパニョーラかブンデスリーガかセリエAかプレミアリーグを現地に観戦に行きたいものです。

 

メッシのバルサ退団のニュースを見ながら、そんなことを考えた夜でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA