【速報】ようやく届いた「アベノマスク」。

 

糸島市の当事務所にもようやく「アベノマスク」が届きました。一度洗濯するといい感じに縮んでタイトなサイジングになるのでしょうか・・・?

 

最近読んだ本(中公新書 井上栄 著「感染症 広がり方と防ぎ方 増補版」)に、3種類のマスク(70円の16層ガーゼマスク、20円の3層不織布マスク、5円の2層紙マスク)を使い、超音波風速計で咳の風速の減弱度を測るという実験について書かれていたのですが、実験結果は、上記3種類のマスクいずれも咳の風速は10分の1以下に減弱したようです。(上掲書157、158ページ)

咳の風速が低下すると、飛沫が飛ぶ速度も低下し、飛沫の飛散量が減り、飛沫核(5マイクロメートル以下の粒子のこと)の量も減るだろう、とも書いています。(同158ページ)

 

これを読んで、2層の紙マスクでも十分に効果があるのならわざわざ値段が高騰した3層不織布マスクをたくさん買い込むこともなかったのかな、と少しだけ自責の念にとらわれました。

 

「アベノマスク」も、マスクとしての効果は十分にあるようです。ただ、すでに私の手元にはたくさん買い込んだ不織布マスクと自分の顔になじんできた布マスクがあるので、

 

使う機会は、しばらく無さそうです・・・

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA